ビブリオバトル

2019.7

第3回ビブリオバトル チャンプ本決定!!

知的書評合戦ビブリオバトル第3回を先日開催しました!
今回は観客もあり、ビブリオバトラー(発表者)も力が入りました!
心コミ4年次小野くん『なぜ女は、男の手を見るのか?』(蔵 琢也著/ビジネス社 /2008)
経営2年次西本さん『天啓の殺意』(中町信著/東京創元社 /2019)
心コミ1年次森本くん『食堂のおばちゃん』(山口恵以子 著/ハルキ文庫/2016)
図書館松田『秘密』(東野圭吾著/文春文庫 /2001)
今回チャンプ本に選ばれたのは・・・。

第3回心コミ1年次森本くんの『食堂のおばちゃん』

図書館の階段手前に参加者のコメントと一緒に展示しています。
ぜひ、読みにいらしてください。お待ちしています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【ビブリオバトル公式ルール】
① 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
② 順番に一人5分間で本を紹介する。
③ それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッション・質問を2~3分おこなう。
④ 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

図書館や本屋さんに並んでいても、絶対自分からは選ばない本に出合えるのがビブリオバトルです!バトルといっても物凄い戦いではありません。
ぜひ貴方が選ばない本を読んでみませんか?図書館でお待ちしております。

ビブリオバトルは図書館で開催しています。詳しくは図書館カウンターまで!
あなたの参加をお待ちしております。