学外から利用できるデータベース(電子ブック、電子ジャーナル、新聞データベース)について(4月以降)

2021.4.1

学外から利用できるデータベースについて(4月以降)

図書館が契約中のデータベースや電子ジャーナルについて、学外から利用できるものを以下に記載しております。どうぞご利用ください。
なお、掲示の対象は、在学生(大学、短大、大学院、別科生を含む)、専任教員、職員(専任、パートタイム、派遣、委託を含む)です。詳細については、OIU UNIPAの図書館からのお知らせをご覧ください。

【1】Maruzen eBook Library(4月1日以降学外から利用できます)
※日本語および外国語の電子ブックです。英語リーダーやTOEIC、日本語検定の問題集など約500点をオンラインで読むことができます。4月1日(木)より、ユーザーID、パスワードが変更されていますので、ご注意ください。詳しくはOIU UNIPAの「電子ブック(Maruzen eBook Library、ProQuest ebook Central)の利用について(4月以降)」をご覧ください。

【2】ProQuest ebook Central(4月1日以降学外から利用できます)
※外国語の電子図書ブックです。英語リーダー等約30点をオンラインで読むことができるほか、1回5分までデータベースに含まれる約94万点の本文を読むことができます。4月1日(木)より、ユーザーID、パスワードが変更されていますので、ご注意ください。詳しくはOIU UNIPAの「電子ブック(Maruzen eBook Library、ProQuest ebook Central)の利用について(4月以降)」をご覧ください。

【3】LibrariE(4月1日以降学外から利用できます)
※2021年4月時点で英語リーダー63点等が利用できます。利用にはユーザーID、パスワードが必要です。詳しくはOIU UNIPAの「電子ブックLibrariE(ライブラリエ)の利用について(4月以降)」をご覧ください。

【4】JSTOR(4月1日以降学外から利用できます)
※外国語の電子ジャーナルアーカイブです。2021年6月30日まで利用できるコレクション(タイトル数)を大きく拡大しています。また、Googleアカウントを利用することで学外からもご利用いただけます。どうぞご利用ください。学外からの利用については、OIU UNIPAの「学外から利用できるデータベース(電子ブック、電子ジャーナル、新聞データベース)について(4月以降)」をご覧ください。

【5】聞蔵IIビジュアル(4月1日から4月19日までは学内専用です。4月20日から7月末まで学外から利用できます)
※朝⽇新聞の記事全⽂を検索できます。また、AERAと週刊朝⽇の記事、知恵蔵の項⽬が検索できます。接続先URLをクリックしてユーザーIDとパスワードを⼊⼒してください。終了時には必ず画⾯右上の「ログアウト」をクリックしてください。同時1ユーザーです。

※日経テレコン21は現在のところ、学内利用のみです。学外から利用できるようになりましたら、あらためてお知らせいたします。

※上記の電子ブック、電子ジャーナル、新聞データベースの利用方法が変更になる場合があります。その際は、あらためてお知らせいたします。

大阪国際大学・大阪国際短期大学部
図書館事務室