バーチャル展示 9月は防災月間!~災害と防災を考える~

2022.9.1

バーチャル展示 9月は防災月間!~災害と防災を考える~




多くの震災や台風被害を乗り越えてきた日本
改めて防災について考えよう


1923年(大正12年)9月1日、関東地方で発生した大きな地震。
明治以降、日本で起きた地震の中で最大規模の被害とされる関東大震災です。
「防災の日」が9月1日に制定されているのも、関東大震災が発生した日が由来となっています。
また、例年8月31日から9月1日付近は台風の襲来が多いとされ、その事も9月1日が「防災の日」に制定された理由です。
そのため、9月全体が「防災月間」とされ、毎年全国各地でも防災に関するイベント等が実施されています。
「災害への備えを怠らないように」、また「災害や防災の知識を深める」という目的のもと、改めて防災について考え、もしもの時のために備えてみましょう。

防災に関する本




防災グッズ、防災の基本など防災について書かれた様々な本を一覧にしました。
震災や避難所について書かれた本もあります。
普段は意識する事のない「防災」。
これを機に、防災グッズを揃えたり、近くの避難所の場所の確認等を行って
防災を意識してみませんか?

防災に関する本

タイトル 著者 出版社 出版年
自衛隊防災Book : 自衛隊Official life hack channel マガジンハウス編集 マガジンハウス 2018年
教育現場の防災読本 「防災読本」出版委員会 京都大学学術出版会 2018年
避難所のあり方 : 避難者・避難生活にかかわる実態と課題 日本防火・危機管理促進協会 日本防火・危機管理促進協会 2021年
社会安全学入門 : 理論・政策・実践 関西大学社会安全学部 ミネルヴァ書房 2018年
大震災復興過程の政策比較分析 : 関東、阪神・淡路、東日本三大震災の検証 御厨貴 ミネルヴァ書房 2016年
東日本大震災復興5年目の検証 : 復興の実態と防災・減災・縮災の展望 関西大学社会安全学部 ミネルヴァ書房 2016年
リスク管理のための社会安全学 : 自然・社会災害への対応と実践 関西大学社会安全学部 ミネルヴァ書房 2015年
自分と家族を守る防災ハンドブック アーサー・T・ブラッドレー著 ; 月谷真紀訳 楽工社 2014年
東京都市計画の遺産 : 防災・復興・オリンピック 越澤明 筑摩書房 2014年
災害--その時学校は : 事例から学ぶこれからの学校防災 日本安全教育学会 ぎょうせい 2013年
事故防止のための社会安全学 : 防災と被害軽減に繋げる分析と提言 関西大学社会安全学部 ミネルヴァ書房 2013年
ふだん使いの防災グッズ ワールドフォトプレス ワールドフォトプレス 2013年
岩手県宮古市の記録 国立教育政策研究所監修 悠光堂 2012年
災害ボランティアを考える : 東日本大震災ノート 神戸学院大学学際教育機構防災・社会貢献ユニット 晃洋書房 2012年
人が死なない防災 片田敏孝 集英社 2012年
復興と支援の災害心理学 : 大震災から「なに」を学ぶか 藤森立男, 矢守克也 福村出版 2012年
災害からみる防災・減災Q&A 藤田嘉美 オーム社 2011年
都市住民のための防災読本 渡辺実 新潮社 2011年
日本大災害の教訓 : 複合危機とリスク管理 竹中平蔵, 船橋洋一 東洋経済新報社 2011年
防災・減災の人間科学 : いのちを支える、現場に寄り添う 矢守克也, 渥美公秀編著 ; 近藤誠司, 宮本匠著 新曜社 2011年
地震イツモノート : キモチの防災マニュアル 地震イツモプロジェクト編 ; 寄藤文平絵 ポプラ社 2010年
巨大地震災害へのカウントダウン : 東海・東南海・南海地震に向けた防災戦略 大大特成果普及事業チーム33 東京法令出版 2009年
地域防災力を高める : 「やった」といえるシンポジウムを! 山崎登 近代消防社 2009年
防災人間科学 矢守克也 東京大学出版会 2009年
防災の決め手「災害エスノグラフィー」 : 阪神・淡路大震災秘められた証言 林春夫 [ほか] 日本放送出版協会 2009年
防災の心理学 : ほんとうの安心とは何か 仁平義明 東信堂 2009年
災害危機管理論入門 : 防災危機管理担当者のための基礎講座 吉井博明, 田中淳 弘文堂 2008年
地震と防災 : "揺れ"の解明から耐震設計まで 武村雅之 中央公論新社 2008年
地震の時の料理ワザ : グラっと来てもあわてない! : 防災袋に必携!! : 電気が復旧するまでの1週間 坂本広子著 ; まつもときなこ画 柴田書店 2006年
防災から見た季節と天気 富沢勝 誠文堂新光社 2005年
阪神・淡路大震災から100学んだ : 防災・復興に活かす知恵と心がまえ 村山茂 海文堂出版 2004年
図解日本の防災行政 災害対策制度研究会 ぎょうせい 2003年


自然災害に関する本




地震、津波、台風・・・
災害大国とも呼ばれる日本では、様々な自然災害の被害に直面し、乗り越えてきました。
図書館にも地震や津波などの自然災害に関する本がたくさんあります。
災害とはどんなものなのか、対策のためには何が必要なのか等々、これを機に
災害について改めて学び、知識を深めていきましょう。

自然災害に関する本

タイトル 著者 出版社 出版年
日本の自然災害 : 危機の対策 昭文社 昭文社 2012年
危険から身を守る本, 自然災害編 山谷茉樹 創元社 2010年
日本の自然災害 : 世界の大自然災害も収録, 1995-2009年 萩原 幸男【監修】 日本専門図書出版 2010年
なぜ風が吹くと電車は止まるのか : 鉄道と自然災害 梅原淳 PHP研究所 2012年
災害に向きあう 直江清隆, 越智貢 岩波書店 2012年
自然災害ハンドブック : 家族と自分を守るために、いますぐ危機管理を! 山と渓谷社編 : アシトチエ・プレス著 山と渓谷社 2004年
関東大震災を歩く : 現代に生きる災害の記憶 武村雅之 吉川弘文館 2012年
阪神・淡路大震災10年 : 新しい市民社会のために 柳田邦男 岩波書店 2004年
伝える : 阪神・淡路大震災の教訓 阪神・淡路大震災復興フォローアップ委員会【監修】/兵庫県【編】 ぎょうせい 2009年
一人ひとりのまちづくり : 神戸市長田区・再生の物語 中和正彦 大日本図書 2008年
大震災10年と災害列島 塩崎賢明 [ほか] クリエイツかもがわ 2005年
東日本大震災とNPO・ボランティア : 市民の力はいかにして立ち現れたか 桜井政成 ミネルヴァ書房 2013年
東日本大震災教職員が語る子ども・いのち・未来 : あの日、学校はどう判断し、行動したか 宮城県教職員組合 明石書店 2012年
震災日誌 in 仙台 : 被災地のジャーナリストが綴った東日本大震災から半年 松舘忠樹 笹氣出版 2011年
鎮魂と再生 : 東日本大震災・東北からの声100 赤坂憲雄 藤原書店 2012年
東日本大震災からの復興まちづくり 佐藤滋 大月書店 2011年
遺体 : 震災、津波の果てに 石井光太 新潮社 2011年
ふくしま・震災後の生活保障 : 大学生たちの目で見た現状 菊池馨実編 ; 早稲田大学菊池ゼミ, 福島大学長谷川ゼミ著 早稲田大学出版部 2013年
学生のパワーを被災地へ! : 「早稲田型ボランティア」の舞台裏 岩井雪乃 早稲田大学出版部 2012年
明日への一歩 : 大津波復興の証言 岩手日報社 岩手日報社 2011年
東日本大震災 : 特別報道写真集 共同通信社 共同通信社 2011年


防災に関連する本はまだまだあります。
このバーチャル展示を見て興味を持ったり読んでみたいと思った人は
ぜひ図書館へお越しください!

 

📚過去のバーチャル展示一覧📚